美容外科の力で理想とする私に変身|高まる美容術

ダウンタイムを把握

女医

ダウンタイムとは、治療の実施後から完全に治療が完了するまでの期間を指します。通常、何らかの治療を行なうと身体に腫れが出るなどといった副作用が発生します。そういった症状はアフターケアを行なうことで徐々に快方へと向かい、最終的に何事もなかったかのように収まるのです。このダウンタイムは、脂肪吸引にも存在します。名古屋の美容外科クリニックにおいては、カウンセリングのタイミングでダウンタイムに関する説明があります。治療後にどういった点に注意すべきか、そこでしっかりと把握しておく必要があります。
名古屋や全国の美容外科クリニックで脂肪吸引を行なった際に生じるダウンタイムについて、一般的な流れを見ていきましょう。まずは手術当日からおよそ一週間後までの期間です。この期間は脂肪吸引の効果がまだ見えづらく、また、痛みやあざができます。最もストレスが多いのがこの時期でしょう。次に、一週間から二週間後の状況です。この時期で痛みやあざが徐々に改善されていきます。しかし、まだ完全ではありません。この改善はおよそ一か月後まで続き、完全に日常生活に不安なく効果を実感できるのはおよそ三か月後であるとされています。この期間には個人差がありますので、やはりカウンセリングでしっかりと名古屋の美容外科クリニックへ確認しておくべきでしょう。

ダウンタイム期間中は、部位ごとに適したケアを行なうことで快適に過ごすことができます。例えば二の腕に関しては、クリニックによって用意してくれる圧迫下着を着用し続けることが求められます。そうすることでより脂肪吸引の効果を高くし、快適なダウンタイムへと繋がります。また、お腹の脂肪吸引に関しても同様です。この圧迫という行為がアフターケアでは大切になってくるため、名古屋の美容外科クリニックで治療を受ける際にはあらかじめアフターケアの内容について確認しておくと良いでしょう。
脂肪吸引の治療は術直後に効果が出るわけではなく、完成までにある程度の期間を必要とします。そのことを認識し、適切な治療を受けるように心掛けたいところですね。